SystemGearグループ 中央情報システム株式会社

教育制度EDUCATIONAL SYSTEM

教育制度人材育成・教育制度Educational System

「確かな技術力」をお客様に提供できるIT技術者の育成にスキルや社員一人ひとりの目標に合わせて長期的なビジョンで取り組んでいます。

新入社員研修

当社では、プログラミング未経験の新入社員であっても、研修終了後にはシステム開発に従事できるよう、3ヶ月の新入社員研修を実施しています。

アルゴリズムの考え方といったプログラミングの基本から、WEB系システムの開発プロセスを一通り経験できるよう、充実した研修プログラムと学習環境の中で、懇切丁寧に、時には厳しく指導しています。

また、技術習得のみならず、文章力やコミュニケーションスキルの向上、作業を行う上で必要なマネジメントについても十分な意識付けを行い、SE(システムエンジニア)としての総合的なスキルの基礎が身に付くような研修プログラムを行っています。

キャリアアップ研修

当社では、技術者のスキルを正しく評価する為に、経済産業省の策定したITSS(ITスキル標準)に準拠した「キャリアパス制度」を策定、その運用を開始しています。
正しく評価された技術者のスキルレベルからのフィードバックにより、その技術者に不足しているスキル、伸ばすべきスキルを、当人の希望も盛り込んだ上で、テクニカル/ヒューマンどちらかに偏る事の無い様、研修のロードマップを策定、実施する方向を目指しています。

技術研修

オブジェクト指向・WEB系システム開発スキルの取得を中心に、社内研修、外部研修、セミナー受講など、社員の就業都合に合わせた様々な形態で教育機会を設けています。

過去には以下のような、技術研修を実施しました。

  • Java基礎とオブジェクト指向プログラミング(社内研修)
  • HTML+ActiveServerPages基本(社内研修)
  • オブジェクト指向開発セミナーへの選抜上級IT技術者の参加(外部セミナー)

プロジェクト・マネージャー研修

一括受託開発プロジェクトの成功は、マネジメントに全てかかっているといっても過言ではありません。

当社SEのプロジェクト・マネジメントスキル向上を目指し、外部講師を招聘した集合研修を2003年度より開始しました。

プロジェクト事例を題材とし、精度の高い見積り手法や、リスク低減の方法を、「論理的な思考」を身に付ける事と合わせて学びつつ、参加したSEの意識向上が実感できる研修が実施できました。

今後は、その時代に応じた主流となる設計手法を学ぶ研修なども取り入れ、よりスキルの高いSEを育成していく方針です。

ヒューマン・スキル研修

システム開発という業務においては、あらゆる局面でコミュニケーションの機会が発生し、そこでのコミュニケーションの「質」は、イコール、システムの品質であると言えるでしょう。

そして「論理的な思考(ロジカル・シンキング)」ができるという事は、迅速かつ正確な作業を行うIT技術者にとって必要不可欠であると同時に、質の高いコミュニケーションの基本であると言えます。

当社は、IT技術者への教育・研修において、技術的なスキルだけでなく、このようなヒューマン・スキルも重要視して、2003年度からは外部より講師を招聘して「ロジカル・シンキング&コミュニケーション研修」を実施するなどの取り組みを行い、技術だけに偏らない人材を育成する事を目指しています。

その他の取り組み

100種類を超えるオープンセミナーの中からテーマを自由に選択して受講できる制度や、情報処理技術者資格をはじめとして、各種IT資格の資格取得者に対しては、資格に応じた報奨金の支給等、技術者の積極的なスキルアップを応援しています。

PAGE
TOP