SystemGearグループ 中央情報システム株式会社

社員インタビューInterview

間人 博志

間人 博志

Hashiudo Hiroshi

キャリア採用・入社15年目
開発第二部
(2015年現在)

入社を決めた理由:
以前働いていた会社が倒産となり、それがきっかけでしたが条件もよかったので特になんの不安を感じることもなく安心して入社を決めることができました。

転職・入社のきっかけ

以前勤めていた会社が倒産してそこで関わっていたプロジェクトのお客様のおかげでいさせてもらっています。その仕事を引き続き倒産してからも継続してやりたいということでそのままCISに移りました。元々常駐してやっていたので基本的には内容は変わらず仕事ができる環境下にありました。                

職場の雰囲気

静かで集中しやすいです。現在私は自社でお仕事をしているので、よく周囲の方が手続きに関して分からない事や技術的なことなど、教えて下さいます。聞きやすい環境で聞かなくても教えてくれる時もあります。

現在の仕事内容

お客様先のプロジェクトで新しくシステムが開発されるという仕事がありまして、そこの一部の機能を請け負ってうちの会社が開発をして納品するという流れのお仕事です。今回のメインは制作なので設計書をいただいて製造する側です。今回はじめてVB.NETというプログラム言語を使用しました。以前はCOBOLを10年やっておりまして、残り2年はC言語でした。新しい言語を学ぶことが必要になるので自宅学習をしています。

一日の仕事の流れ

製造をメインにやっています。週に一回進捗会議を行っています。お客様に進捗する定例会議なのですが、それに向けて製造だったり、必要な書類だったり、作成してお客様に提出します。次の作業をいただいてまた次の定例会議までにという形ですね。テストも含めて自分でやっています。残業はほとんどありません。

余暇の過ごし方、趣味

趣味というより家族と過ごすことですね。ちょっと時間が空いたら子供とサッカーしたりとか、キャンプに行ったりしています。

入社後苦労したこと戸惑ったこと

環境がプロジェクトによって変わるので必要な知識を習得することが大変です。どうしてもわからないことは現場のチーム内のメンバーや、自社であれば自社チームの方に聞いて助け合いで成り立っています。

仕事をしていてやりがいを感じること

やっぱりお客様に喜んでいただいた時っていうのはやって良かったと思いますね。作ったものが使いやすくなったよとか、わかりやすくなったとかいうお声をいただけるとうやりがいを感じます。お客様に喜んでいただけた時ですね。

CISに入社してよかったこと

やっぱり10年COBOLをやっていたのも結局、お客様との契約でお客様的には理屈抜きで、まだここにいてほしいという話だったんですけど、うちの会社の判断としても同じことをずっとやっているより技術者のスキル転換のことを考えての異動となりました。他にもVBだったりC言語だったり色んなチャンスはいただけるので技術者のことを考えての異動になりました。自分で申告してそろそろ別のことをしたいと相談すると聞いて下さるのでそういった点は非常にこの会社でよかったと感じます。

今後のビジョン

プロジェクトマネジメントの勉強をしたいと思っておりまして、開発に向けての様々なコスト納期体制含めて適切なプランニングができるプロジェクトマネージャーになるために現場の知識の習得を優先しながらですけど、勉強中です。

メッセージ

キャリア採用ってその人の持っている強みだとか弱みとか経験をふまえた上で色々あると思うんですけど、うちが持っている強いところや弱いところもあると思うので、情報共有した上で一緒に勉強していけたらなと思います。

PAGE
TOP