SystemGearグループ 中央情報システム株式会社

社員インタビューInterview

上葛 圭悟

上葛 圭悟

Uekuzu Keigo

新卒採用・入社4年目
開発第二部
(2015年現在)

入社を決めた理由:
就活していた時にCISの面接だけ技術面の質問がなく、人として中身を見てくれる会社だと思い決めました。

職場の雰囲気

上下関係の距離感が近いですね。現場のチームの上司とも気軽に話せます。気を遣わなくてもいいフラットな感じです。

学生時代のことで役立っていること

大学では経営・情報学科でしたが、そこで学んだプログラミングの技術は殆ど役立っていないですね(笑)大手の雑貨店や飲食店で比較的厳しめのルールがあるアルバイトをしていたのですが、そこで”あきらめない精神”を磨けたかなと思っています。たくさん怒られました(笑)社会人になってからも壁が色々ありますが、そこであきらめないということが役立っていますね。

現在の仕事内容

現在は新プロジェクトの立ち上げに携わっています。”どんな技術を使って実現するか”とか、”この技術を使うとどういうメリット、デメリットがあるか?”といった事を考えていきます。言語自体もWEBの言語を使うのかC#言語を使用するかといったところから、どのようなインターフェイスを使うか、などたくさんのことを検討していきます。まだこのプロジェクトに入ったばかりでやりがいは感じつつも、ついていくのが大変です(笑)
何を判断するにも技術そのものを知っていないとできないので、技術の勉強をするようにしています。

一日の仕事の流れ

朝はメールの確認と朝礼をしたら各々作業に取り掛かります。大体は資料の作成になるのですが、打ち合わせがある日もあります。お客様が来られる予定であればその対応を日中に行っています。上司や周囲の方たちと相談しながら進めるので自分から捕まえに行かないと進まないんですね(笑)コミュニケーション力だけでは進める事ができない状況もあるので、「この人はこの時間からいなくなるから、先に聞いておこう」とか先読みして取り組んでいます。

余暇の過ごし方、趣味

体を動かすのが好きですね。中高とバレーボールをしていましたので、今でも毎週高校の体育館を借りて仲間とバレーボールをしています。それ以外では買い物とか映画を観たりして過ごしています。

入社後苦労したことや戸惑ったこと

人間関係に関して問題はないですが、仕事に対する自分の姿勢にはありました。学生気分が抜け切れてなかったんじゃないかというのがありまして(笑)「誰かがやってくれるんじゃないか」とか、「新人だったらまあミスしても大目にみてくれるだろう」と甘く考えてしまっていた部分が少しあったかなと思っています。指示がないと動けないという感じで仕事に対して能動的に動けていなかったとふりかえってみて思いました。最近は少しましにはなってきたかなと・・・思いたいですね(笑)毎日意識して、周りを見るようにして、いつでも動ける準備はしています。考えるということをもっと増やしたいと思いますね。

はじめて任された仕事

私は新入社員研修の途中で現場配属になりまして、そこでOJTという形で研修を受けさせてもらったんですけど、それが終わった後の最初の業務は試験と簡単なプログラミングでした。すごく簡単な仕事をもらっていたと思うのですが、それでも最初の業務ということで緊張しました。試験は手順書通り、仕様書通りに進めるのですがひとつずつ確認した後、また確認といった感じですごく時間がかかったように思います。

仕事をしていてやりがいを感じること

モノづくりの仕事なので開発が終わってモノが完成する、というところに喜びを感じます。あとは現場によって違うと思うのですが、今携わっている現場に関しては、お客様に完成したものをお渡しできる場面に同行させていただく事があり「わっ、すごい!」と感動していただけたり、喜んでいただけた時に、「このために作っていたのか」というやりがいや達成感を感じます。

CISに入社してよかったこと

派遣先として色々な業界が見れますね。CISっていうところに限定すると、人間関係がすごく良好だと思うので、他の友人の話なんか聞いている中でも、「うちにはそういうのがないな」っていうのが多かったりします。入社を決めた点にもつながるのですが、社長や役員との距離も近く、普通の会社だと親しく話せないような役職の方ともフラットに話せたりするので、やっぱり入ってよかったなぁと思います。

今後のビジョン

技術力が自分にはまだまだ足りないなとすごく感じています。今新しい業務につかせてもらっているので余計感じているのですが、日々勉強して新しい技術の習得ということにもっと積極的に動かないといけないな、というのが課題としてありますね。将来的な目標としてはマネージメント管理者というところを目指しているんですが、管理面だけでなく技術面も把握し理解している管理者を目指しています。

メッセージ

自分が今苦労していることでもあるんですが、何にでも興味を持ったり、どんな小さなことでも良いので興味を持つっていうことが、この業界では大事かなと感じています。あとは学生時代にしかできないことがいっぱいありますし、やっておけばよかったなと今になって思うこともあるので、悔いのない学生生活を送ってから社会に入ってもらいたいと思います。

PAGE
TOP