SystemGearグループ 中央情報システム株式会社

ERPENTERPRISE RESOURCE PLANNING

ERPEnterprise Resource Planning

企業経営の基本となる資源要素(ヒト・モノ・カネ・情報)を適切に分配し有効活用するために必要な「基幹系情報システム」を、企業様にとって最適で使いやすいシステムをご提案・構築いたします。

ERP/基幹系情報システム

ERPとは、Enterprise Resources Planning の略であり、企業経営の基本となる資源要素(ヒト・モノ・カネ・情報)を適切に分配し有効活用する計画=考え方を意味します。現在では、「基幹系情報システム」を指すことが多く、企業の情報戦略に欠かせない重要な位置を占めています。

ERPの導入メリット

  • 情報の一元管理ができます。

    ERPでできる代表的な処理の一つが情報の一元管理です。販売管理生産管理などの業務ソフトは、業務分野や各部門で情報を管理するためシステムです。部門や業務単位で、それぞれ管理したいデータが異なるため、業務ソフトは、それぞれの立場においては、使い勝手や効率性の良いソリューションです。しかし一方で、会計処理を行ったり、経営層が必要とする情報を取り出す際には、再入力や加工の手間が必ず発生します。ERPを導入することで、これまで各業務領域や部門などで、ばらばらに登録・管理されてきた、会計や経営に必要な情報をまとめて管理できるようになります。

  • 業務効率がアップします。

    企業活用に必要なあらゆるデータを一元管理することで、格段に業務効率が向上します。なぜなら、集計などの際に起こるミスが格段に少なくなるためです。最初に入力されたデータが最終的な会計まで紐づけられるようになるので、会計や決算時ごとに、それぞれの部門からデータを集め、情報を再入力したり、集計を行う、などの手間がなくなります。さらに、どこの部門でも他部門の情報を取り出すことができるようになります。

  • 経営情報の見える化ができます。

    いつでも必要な企業活動情報を取り出せるようになることは、経営上大きく役立ちます。システム上に経営情報が集約されると、これを活用することで、現在の経営状態をタイムリーに可視化し、素早い意思決定ができます。

  • 経営スピードを強化できます。

    経営状態を可視化することで、経営スピードの強化を生み出せます。IT化・グローバル化が進む現代のビジネスにおいて、素早い決断を行い、経営の舵取りをすることが必須となっています。情報の一元管理を行うERPを導入することで、これまで発生していた業務の手間を削減し、効率的な業務を行いながら、素早い対応を可能にするだけではなく、経営状況の判断を素早く行えるようになります。

  • ERP

クラウド型ERP

最新技術を採用した「クラウド型」は、インターネットを介してアプリケーションのみを使用できる環境を提供することで、企業におけるサーバー管理や設定の負荷を削減すると同時に、短時間での導入を実現。このクラウド型ERPも浸透し始めています。

PAGE
TOP